髪に悩む男性
  • ホーム
  • AGAの原因物質DHTはなぜ増加するのか?男性ホルモンのピークと共に解説

AGAの原因物質DHTはなぜ増加するのか?男性ホルモンのピークと共に解説

AGAが発症する理由は原因物質の増加ですが、その物質は通称DHTと呼ばれています。
DHTとはジヒドロテストステロンの事ですが、毛周期を変化させて強力に脱毛を促進させる働きがあるのが特徴です。

そしてこの原因物質は特定の物質が結合する事によって生成されるのですが、それは男性ホルモンと還元酵素です。
厳密には男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼという物質ですが、これらの物質が結び付く事によってDHTが完成されます。
よく男性ホルモンが多い人は薄毛になり易いとされていますが、それは男性ホルモンが多いとDHTが生成され易くなってしまうからです。

では何歳位になると男性ホルモンが多くなるのかと言えば、ピークは20代の中頃です。
そして中頃をピークに徐々に男性ホルモンは減少していきます。
つまりピーク時である20代の半ばにもなれば薄毛リスクが高まると言えます。

では男性ホルモンが少ない年齢になればAGAにはならなのかと言えば、決してそうではありません。
何歳になっても発症する可能性がありますし、実際に50代以降になってから発症するケースもあると言われています。
ですから何歳になってもある程度のリスクはあるのです。

もしAGAになってしまった場合でもきちんと対策をすれば薄毛を予防できたり改善できる可能性がありますが、その為にも必須なのがフィナステリドです。
原因物質は男性ホルモンと還元酵素が結合する事で発生すると言いましたが、フィナステリドは両者の結合を邪魔する成分ですので、原因物質の増加を予防する為に役立ちます。
その為、AGAの場合はフィナステリド薬を利用して対策をするのが一般的となっています。

人気記事一覧