髪に悩む男性
  • ホーム
  • 静岡県内でO型ハゲを治すにはフィナステリド

静岡県内でO型ハゲを治すにはフィナステリド

鏡を見ている年配の男性

世の中には薄毛に悩む男性が数多く存在しており、その状況は静岡県内でも変わりません。
その症状を引き起こす主な原因としては様々なものが挙げられますが、そんな中で今最も注目が集まっているのがO型ハゲが特徴的なAGAによる薄毛です。
これらは病院などを受診することで治療できますので、気軽に試してみるとよいでしょう。
もちろん、静岡でも内科や皮膚科、外科、それに美容クリニックなどの医療機関でAGA治療を受けることが可能ですので、まずは近くのかかりつけの医師に相談してみると良いでしょう。

AGAとは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応してDTという物質を分泌させることで、これらが頭髪の成長を著しく阻害してしまうというもの。
特に額の両サイドや頭頂部などは男性ホルモンの反応が出やすく、そのためO型ハゲといった症状に直結してしまうのです。

これらの症状の治療には飲み薬が用いられます。
代表的なものがプロペシアという錠剤で、これにはフィナステリドという成分が入っており、これは頭皮の特殊な酵素の働きを抑制することができるため、男性ホルモンと反応し合ってDHTを作り出すのを抑えて薄毛症状を改善へと導くことが出来るのです。
そもそもフィナステリドは前立腺肥大症の特効薬の開発中に偶然に発見された成分で、それ以来治験を重ねながら現在ではAGA治療薬の代表的なものとして広く処方されています。

フィナステリドを含むプロペシアの処方はもちろん静岡県内の内科や皮膚科、外科、美容クリニックなどでも行われており、これを続けて服用することによって早い人なら数週間程度で、遅い人でも半年から一年ほどで頭髪に確かな変化が生まれてきて、いつしかO型ハゲにも大きな改善が見られるでしょう。

人気記事一覧