髪に悩む男性
  • ホーム
  • 女性はフィナステリドに注意が必要

女性はフィナステリドに注意が必要

男性型脱毛症、通称、AGAとは男性ホルモンと特定酵素が結びつくことで発症する薄毛、抜け毛などの頭髪トラブルです。
ただし、男性ホルモンは僅かな量ながら、女性の体内にも分泌されています。
普段、その影響が体に出てこないのは、それ以上に女性ホルモンの分泌量が多くそれが優位に働いているためです。
また女性ホルモンには、発毛や育毛に対する作用があります。
そのため、ストレスや加齢などによってストレスの分泌バランスが崩れてしまうと、女性でも男性型脱毛症と同様の症状があらわれることもあります。
この場合は女性型脱毛症、FAGAと呼ばれることが多いです。
男性型脱毛症の治療に際しては、フィナステリドと言う成分を含んだ治療薬が処方されることが多いです。
フィナステリドには男性ホルモンの分泌や、それを発毛阻害物質に変換してしまう特定酵素との結びつきを抑制する作用があります。
しかし、同じようなメカニズムで発症する女性型脱毛症に関してもフィナステリドを含む治療薬を使用しても良いのかと言うと、それは絶対にしてはいけないことです。
体の中で分泌されているほんの僅かな量の男性ホルモンをフィナステリドによって抑制してしまっては、全体的なホルモンバランスを崩してしまうことにもなりかねません。
すると、様々な心身に対する影響が出てくる恐れもあります。
そのため服用はおろか、扱いそのものにも注意が必要で、基本的には触れることも厳禁とされているくらいです。
特に妊娠を目指している、あるいは妊娠中の女性においては、最大限の注意が求められます。
自身への影響は勿論のこと、胎児への影響も懸念されるためです。
ですからフィナステリドを含んだ治療薬を服用している男性もまた、その扱いに注意が求められます。
妊娠を目指しているパートナー女性と定期的に性交渉を行うのであれば、やはりある程度の期間は、フィナステリド治療薬は服用を中止した方がベターです。

人気記事一覧