髪に悩む男性
  • ホーム
  • ヘアサイクルが乱れたらフィナステリドの他に漢方も使ってみる

ヘアサイクルが乱れたらフィナステリドの他に漢方も使ってみる

男性の抜け毛の原因に多いAGAは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンになる事にあります。
このジヒドロテストステロンは毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターと結合する事により、ヘアサイクルの成長期を短くして抜け毛を起こします。
AGAの専門医の治療には、フィナステリドを主成分とするプロペシアの内服薬が良く使用されます。
フィナステリドには、5αリダクターゼの働きを抑えてジヒドロテストステロンの生成を阻害し、ヘアサイクルを改善させる効果があります。
抜け毛の原因には男性ホルモンだけではなく、遺伝や頭皮の血行不良、毛髪の成長に欠かせないたんぱく質やミネラルなどの不足などもあります。
そのためアンドロゲンレセプターを調べる遺伝子の検査やミネラル検査なども行ない、治療に役立てます。
またフィナステリド以外にもビタミンやミネラルなどの栄養剤や、漢方薬、育毛剤なども併用する事があります。
漢方薬には血行不良を改善して頭皮の血行を改善するものや、ストレスなどからの乱れた自律神経を整えるものなどがあります。
漢方薬は女性の抜け毛治療にも良く利用されていて、その人に合った物を処方してくれますし、副作用が少なく安全性が高いので安心して使用できます。
フィナステリドや漢方薬などでヘアサイクルが整いますが栄養面も大切なので、効果的な食事や生活のアドバイス、ヘアケアの仕方なども指導してくれる専門医が多くなっています。
育毛剤も併用すると効果がありますので、ミノキシジルなどの外用薬も処方してくれます。
抜け毛の原因はひとりひとり違い薬の効果の出方も皆同じではないため、知識がある専門医での治療が一番安全で効果もあります。