髪に悩む男性
  • ホーム
  • プロペシアに含まれるフィナステリドの薄毛対策効果

プロペシアに含まれるフィナステリドの薄毛対策効果

鏡と櫛を持っている男性

薄毛治療の現場ではプロペシアが処方される事がありますが、この薬は男性型脱毛症に対して有効性が認められています。
そしてプロペシアの有効成分となっているのがフィナステリドです。

フィナステリドの作用秩序を確認する前に男性型脱毛症がなぜ発症するのかを知っておく必要がありますが、発症原因になっているのがDHTです。
この物質はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素が結合した物質です。
そして両者が結合してDHTに変換される事によって強力な脱毛作用を発揮し、DHTが原因によって男性型脱毛症が発症します。

そこで活躍するのがフィナステリドです。
フィナステリドにはテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害する働きがありますので、それによって脱毛を引き起こしているDHTを増加させないようにする事ができるのです。
そして脱毛も発生し難くなりますし、発毛環境を整える為にも役立ってくれます。

こうした作用秩序を持っているのがフィナステリドであり、この配合しているプロペシアは男性型脱毛症による薄毛対策として利用されているのです。
男性型脱毛症に悩む方にとって頼れる存在と言えますが、ただプロペシアだけによる薄毛対策では不十分という事も理解しておくようにしましょう。

プロペシアには脱毛物質を増加させない働きがあるものの、作用としてはそれだけしかありません。
つまり発毛を促進させる効果がある訳ではありませんので、薄毛の改善にはならない事があるのです。
発毛させる為には発毛効果のある治療薬も利用する必要がありますし、プロペシアと発毛薬を併用してこそようやく効果的な薄毛対策ができるようになります。

人気記事一覧
サイト内検索